角膜の厚みによってはレーシックを受けられない

思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。 レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます。
この角膜の厚みが十分にあるかどうかということを、クリニックではしっかりと検査してくれます。

 

レーシックの手術では、角膜の形をレーザーによって調整をしていくことになります。
目に入ってくる光の屈折する角度を調節していき、視力を矯正するという手術方法なので角膜は非常に重要な部分となります。
レーシックの手術を受けることが出来ないケースとして、まず挙げられるのは角膜の厚みが足りない方となります。
自分の角膜は事前の検査によって知ることが出来るので特に問題はありません。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。



角膜の厚みによってはレーシックを受けられないブログ:20/11/26

俺が生まれて初めて経験したお葬式は、
母のお葬式でした。

母は病院で亡くなりました。
ベッドの横に立つ親父と姉達の後ろに
俺はぽつんと立っていました。

下の姉が急に大きな声で泣き出したとき、
「あっ、お母さん死んじゃったんだ」と思いました。

俺は母が入院中、
親父と一緒に何度もお見舞いに行きました。
でも、なかなか病室に入ろうとしませんでした。

俺はいつも廊下の隅や、
非常階段のおどり場で遊んでいました。
病院のベッドに寝ている母を見るのが
とても恐かったからです。

ある日、俺は親父に呼ばれ、病室に入っていきました。
母は「リンゴむいてあげようか?」と言いました。

俺が覚えている母の最後の言葉です。
俺は「いらない」と言って、
また病室を出て行ってしまいました。

俺は病院の中を探検しながら、
「大きなお部屋にはたくさんの人がいるのに、
どうしてお母さんは小さいお部屋に一人でいるのかなあ、寂しくないのかなあ」
と思っていました。

今思えば、きっと母は、
淋しかったのだと思います。
俺が最後までなつかなかったことが…

8月ももうすぐ終わり、
新学期が始まるというのに、
俺はまだ夏休みの宿題も終わっていません。

それなのに、
黒い服を着た人たちが出たり入ったりと、
家の中はごった返しています。

俺の居場所がないのには困っていました。
テレビを見ることもできず、部屋の隅で
ちょこんと一人で遊んでいるしかありませんでした。

「かわいそうに、まだ小さいから、お母さんの死がわからないのねぇ…」
という大人達の話し声が聞こえてきました。

俺は「わかるよ、そんなこと」と
心の中で呟いていました。