ドライアイでもレーシックを受けられる

時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 ドライアイになっている方でも、レーシックの手術を受けることは基本的には可能となっています。
ただしドライアイにも程度があり、重い強度のドライアイではレーシックを受けることが出来ないこともあるのでご注意ください。

 

ドライアイというのは、長い時間目を開けていることが出来ずに、しょぼしょぼと異物感があったりする目の状態のことを言います。
これは長時間パソコンのモニターやテレビを観ている人たちに多くなっている症状です。
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいることでしょう。
このドライアイとなってしまっている人は残念ながらレーシックを受けることが出来ないこともあるのです。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。



ドライアイでもレーシックを受けられるブログ:21/05/07

さつまいもって、
何となく太る印象の方が強かったんですが、
減量にはもってこいなんですよね!

昔から
さつまいもは食物繊維の塊なので、
便秘解消に効果的と言われてきました。

息子の頃には、
「さつまいもを食べるとオナラが出る」
なんて我慢した方も多いかもしれませんが…

食物繊維が多いというだけでも、
減量に向いている食材なんです。

それに、さつまいもって
実はそんなにカロリーが高くないんですよね。
ご飯よりもカロリーが低いくらいなんです。

一般的なさつまいも減量の方法は、
24時間三食の中の一食の主食を、
蒸かしたさつまいもにするというものです。

つまり、24時間一食だけ、
ご飯やパンの代替食品として、
さつまいもを食べるということになります。

さつまいもの調理法は焼いても蒸してもいいのです。
でも、蒸した方が適度な水分を保てるので
減量には良いと思います。

また、皮も一緒に食べると
一層、減量効果が期待できますよ。

日々一人分だけさつまいもを蒸すのが面倒なら、
まとめて蒸して冷凍して、食べる時にレンジで温めてもいいですね。
それに、濡らしたペーパータオルを巻いて、
その上からラップで包んで、チンしても
蒸かしさつまいもを作ることができますよ。

どうしても間食が我慢できないという方は、
おやつの代わりに、蒸かしさつまいもを食べるのもオススメです。

おやつやケーキよりは、
さつまいもの方が、断然低カロリーで食物繊維や栄養がとれます。
少量でも腹が満足しますので、食べ過ぎも防いでくれますよ!